『日焼け記憶ジミ』と美白化粧品

美白の敵とも言えるシミの中で一番知られているのが老人性色素斑、別名を日焼け記憶ジミと呼ばれるものではないでしょうか。

男女問わず年齢を重ねた方々の大半の肌には丸い形状のシミが現れています。

別名が示している通り、若いころからの日焼け対策を怠ると、徐々に年齢を重ねるごとに色が濃くなりながら現れてきます。

日焼けしやすい骨格の高いところ、例えば頬骨の一番高い部分や鼻の一番高い部分、そして男性ならもみあげからこめかみの辺りにできやすいと言われています。

このシミは美白化粧品でシミの色を薄くすることが可能ですが、「あ、もしかしてシミ?」

と思った時くらいの色が薄い時期から継続して美白化粧品を使用したほうがいいようです。

この老人性色素斑は若いころの紫外線対策の不備が、長年にわたって蓄積されて出てくるものです。

シミが出てきた後も放っておくと皮膚の深いところにまでシミの色素が沈着してしまうそうです。

そうなっては美白化粧品の成分の効果はなくなってしまいます。

日焼け記憶ジミとも呼ばれる老人性色素斑ですが、元々は名前が示している通り老化現象のひとつだと考えられていて、このシミができると「仕方ないね、年だから」

というような考えがあったようで、美白化粧品などを使用して薄くするということを考えることがなかったようです。

また、炎症性色素沈着と違って肌とシミの境界がはっきりしているので美白化粧品なども使用しやすいようです。

この老人性色素斑を起こす細胞は、紫外線から受けたダメージを記憶していくと言われています。

ダメージさえ受けなければ記憶することはありませんから、美白化粧品を使用しなくても済むのです。

そのため若いころからの『紫外線からのダメージを受け付けない』という対策をしていくことが重要になってきます。

年齢を重ねて次第に濃くなってきたシミに対しては、皮膚の深いところにまで色素が沈着している可能性が高いため、美白成分の効果はないとみていいでしょう。

そのような老人性色素斑にはレーザー治療で対応するそうです。