『肌荒れ記憶ジミ』と美白化粧品

一般的によく知られているシミのひとつで、正式には『炎症性色素沈着』と呼ばれ、別名を『肌荒れ記憶ジミ』と呼ばれるものがあります。

ニキビ痕や吹き出物の痕、傷痕などが、普通なら肌が一時的に薄茶色になった後に、その色も薄くなっていつしか消えて肌色に戻っていくものが、色素沈着という形で表面の皮膚に色が残ってしまい目立つようになったものを指します。

虫刺されなどの傷痕が炎症を起こして(掻きむしって膿が出るほどの傷ができる)、茶色から黒い痕へと変化していくものも炎症性色素沈着のひとつです。

このシミは美白化粧品の効果が期待できるシミのひとつで、『ビタミンC誘導体』などの、肌のターンオーバーを助けたり、肌に透明感を与えたりする成分が有効とされています。

美白化粧品と一口に言っても配合されている成分は商品によってさまざまです。

肌のターンオーバーを促進したり、肌つやが良くなる成分が配合されたりしている美白化粧品が炎症性色素沈着で発生したシミに効果があるそうです。

よく知られているシミのひとつである炎症性色素沈着、別名を肌荒れ記憶ジミと呼ばれるこのシミは、美白化粧品以外でもシミ取り効果が期待できます。

炎症性色素沈着でできたシミは、肌のターンオーバーを促進することが有効な対策なので、ピーリングをすることでシミが薄くなるように改善できるとされています。

しかし、人間は加齢とともに肌のターンオーバーの周期が遅くなるとのことなので、ピーリングしてまで肌のターンオーバー周期をコントロールする必要はないそうです。

また、ピーリングのこすったり拭き取ったりという刺激のため肌が余計に荒れることもあるので注意が必要と言えます。

美白化粧品を使用しても過度のパッティングやこすり過ぎは肌を荒らす原因になるので禁物です。

そんな刺激で肌が荒れている上に日焼けをする、ということを繰り返すとレーザー治療が必要になるほどシミの色素が沈着してしまいますが、多くの炎症性色素沈着は美白化粧品を使わなくても自然に消えるものが多いそうです。