美白化粧品の美白成分の働きとは

肌をシミから守ったりシミを薄くしたりする成分が配合されている美白化粧品は、『肌を白くする』ものではなく『メラニンの生成を抑制する』ものです。

元々、皮膚はよほど強い日焼けや紫外線のダメージを受けない限り、肌のターンオーバーによって少しずつ元の肌の色に戻っていきます。

しかし加齢や不規則な生活が原因で肌のターンオーバー周期が乱れてしまうと、肌(表皮)に日焼けや紫外線のダメージが残ってしまったり、メラニンを作る活動が異常になってしまったりして、いつしかシミになってしまうそうです。

また、シミには一部ですがメラニンの働きによって発生したものではないものもあります。

そのようなシミには美白化粧品はまったく効果を発揮しません。

メラニンの働きによって発生したシミに効く美白成分は、その効果が現れるタイミングによって、美白化粧品としての差別化を図っているそうです。

そして美白成分はなるべく『厚生労働省認可』の美白成分が配合されたものを選んだほうがいいようです。

美白成分が配合されている美白化粧品を使用するのなら、常に使い続けられるかということを念頭に置いたほうがいいでしょう。

理由としては継続して使用しなければ効果がわからないからです。

肌のターンオーバー周期は、慢性的にターンオーバー周期が不調でない限り、どの方でもだいたい28日周期だと言われています。

つまり最低1か月は継続して使用しなければならないことになります。

美白化粧品の成分は、そのほとんどが自然由来のものか自然由来の物質をヒントに作られたものです。

そのため認可を受けているものは『医薬部外品』となっています。

医薬部外品となっている美白成分は『医薬品のような効果は認められていないものの、その効果・働きが期待できるもの』だそうです。

この成分が入っているから効果が大きい、というわけではなく、働きや効果が期待されている値をクリアしているもの、という認識です。

しっかりと効果がある美白化粧品なら、ぜひ気になる部分に試してみてもいいのではないでしょうか。